トリキュラー

★トリキュラーとはどんなお薬ですか。
トリキュラーは自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えた段階型三相性の低用量ピルで、国内向けの「トリキュラー」と同じ成分のピルです。トリキュラーは1960年代前半に安全性、確実性が認められた製剤として導入されたピルの一つです。トリキュラーは、主に排卵を抑え、子宮内膜変化による着床を抑え、頸管粘膜変化により精子通過を阻害して、避妊効果を発揮するピルです。トリキュラーは、卵胞ホルモン 配合量は21日間同一ですが、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の配合量が6日→5日→10日と3段階に多くなります。トリキュラーは、前半に不要の黄体ホルモンを極力少なくして自然のホルモン分泌パターンと真似ることで、高い避妊効果を維持しつつ一周期あたりのホルモン総含有量を低減させます。トリキュラーは日本では広く普及している低用量ピルです。トリキュラーは確実に避妊できる限界までホルモン量を下げているため、他のホルモン剤と比べ副作用は少ないことで有名な低用量ピルの一つです。

 

★トリキュラー21とトリキュラー28の違いは?
トリキュラー21とトリキュラー28は、同じ成分量のお薬です。トリキュラー28の7錠は、飲み忘れ防止のための偽薬となります。商品の有効成分は、トリキュラー21もトリキュラー28もいずれも同じとなります。

 

★トリキュラーの服用方法:
1 日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って服用します。赤6錠、白5錠、黄色10錠の順に21日間連続で服用しその後、7日間休薬します。休薬期間の 7日間を合わせ合計28日間を1周期して出血が終わっているか続いているかにかかわらず29日目から次の周期の錠剤の服用をはじめます。トリキュラーを服 用の際は、医師の指示通り服用ください。

 

★病院にいかなくてもいいですか?
トリキュラーの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても個人での使用に限り輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。

 

★トリキュラーの使用方法のご注意
ホルモン薬に対してアレルギー反応がある方は、トリキュラーを使用しないで下さい。

 

■トリキュラーの通販をお申し込みの前に:
トリキュラーの通販をご申し込みの前に必ずご利用規約をご理解の上、弊社輸入代行サービスにお申し込み下さい。 個人輸入については、こちらをご確認ください。トリキュラーの使用方法、効果、副作用などの情報は、販売国の商品説明書や一般的な情報を和訳したも

 

 

※ バイエル社は、2007年7月にシェーリング社(SCHERING)と合併しました。バイエル社とシェーリング社(SCHERING)のトリキュラーは、同じ商品です。

 

 

有効成分:
茶色錠剤(6錠)Levonorgestrel 0.05mg & Ethinylestradiol 0.03mg 白色錠剤(5錠)Levonorgestrel 0.075mg & Ethinylestradiol 0.04mg 黄色錠剤(10錠)Levonorgestrel 0.125mg & Ethinylestradiol 0.03mg

 

 

内容量:
21錠

 

 

メーカー:
Bayer Schering Pharma

 

 

【トリキュラー x 21錠 x 1箱】⇒⇒ 1,980円
【トリキュラー x 21錠 x 2箱】⇒⇒ 2,380円 (1箱あたり 1,190円)
【トリキュラー x 21錠 x 3箱】⇒⇒ 2,680円 (1箱あたり 894円)
【トリキュラー x 21錠 x 5箱】⇒⇒ 2,980円 (1箱あたり 596円)
【トリキュラー x 21錠 x 7箱】⇒⇒ 3,580円 (1箱あたり 512円)
【トリキュラー 1年パック(21錠 x 12箱)】⇒⇒ 5,680円(1箱あたり 473円) 1番人気!

 

トリキュラー個人輸入代行