アフターピルは正しく服用すれば安全アフターピルの存在は、女性の方でも意外と知らないケースが多いのだ。通常のピルは知っているが、緊急避妊用のアフターピルの知名度は低く、緊急避妊という方法があること自体知らない人が多いのである。アフターピルの副作用は、吐き気、嘔吐、頭痛などである。プラノバール錠(ヤッペ法)は副作用が出やすく、レボノルゲストレル錠(LNG法)は出にくいのが特徴だ。嘔吐により薬剤の成分が...

アフターピルは早く服用するほど効果が高くなる緊急避妊薬であるアフターピルは、性行為をして妊娠の可能性があると判断したら、すぐに産婦人科で処方を受けるべきである。アフターピルは避妊薬として高い効果があるが、服用するタイミングが遅れるほど妊娠率は高まるのである。中絶薬ではないため、着床してしまうとまったく効果が得られない。アフターピルの価格は病院により異なり、2倍以上の違いが生じることもあるが、妊娠を...

アフターピルと低用量ピルは目的が違うアフターピルと低用量ピルは混同されやすいが、両者の目的は異なるものである。アフターピルは緊急用の避妊薬であり、コンドームを着用せずに性行為をしてしまった、または着用したけど破けた、といった場合に服用するものだ。プラノバール錠(ヤッペ法)、レボノルゲストレル錠(LNG法)があり、前者は性行為から72時間以内、後者は120時間以内に服用することで避妊効果が期待できる...

避妊ピルの避妊効果は極めて高い避妊ピルの種類には、経口避妊薬とモーニングアフターピルがあるのだ。一般的にピルといえば経口避妊薬のことで、主に低用量ピルが使用されているのだ。モーニングアフターピルは緊急避妊法とも呼ばれており、緊急時(妊娠のリスクがあるとき)に服用するものである。避妊以外の目的では、月経移動のために用いられることがあるのだ。旅行や結婚式は生理を避けたいものであり、このような場合に服用...

一般的にピルといえば、低容量ピルを指している。日本は望まない妊娠が多いが、それは欧米と比べてピルが普及していないためである。避妊といえばコンドームという認識があり、ピルを使用する女性は少ない。さらに緊急避妊法に関しては、女性でも3人に1しか知らないほど知名度が低いのだ。性行為中にコンドームが破けてしまった場合は、運任せにする人が多いわけだ。コンドームは正しく着用すれば、かなり高い避妊効果を得られる...

日本では避妊法といえばコンドームを思い浮かべる方が多いが避妊効果はピルのほうが高いのだ。本来コンドームとは性感染症を予防するために使用するものである。ピルは避妊効果こそ高いが性感染症を抑える効果はないのだ。性行為をするときは避妊と性感染症の予防を同時に行うべきでありピルとコンドームを併用するのが好ましいのだ。一般的に避妊ピルといえば低用量ピルのことを指している。低用量なので副作用は弱くサプリと同じ...