知っておきたいアフターピルと低用量ピルの違い?

アフターピルと低用量ピルは目的が違う

 

アフターピルと低用量ピルは混同されやすいが、両者の目的は異なるものである。
アフターピルは緊急用の避妊薬であり、コンドームを着用せずに性行為をしてしまった、または着用したけど破けた、といった場合に服用するものだ。
プラノバール錠(ヤッペ法)、レボノルゲストレル錠(LNG法)があり、前者は性行為から72時間以内、後者は120時間以内に服用することで避妊効果が期待できるのだ。
いずれも服用が早いほど効果が高いので、妊娠のリスクを感じた時点で産婦人科に行くのが好ましいのである。
これに対して低用量ピル(経口避妊薬)は、常日頃から服用して避妊効果を継続させるものだ。
一般的にピルと呼ぶ場合は、この低用量ピルを指すのが普通である。
飲み忘れると十分な避妊効果を発揮できないので注意が必要である。

 

アフターピルと低用量ピルはいずれも医師の処方薬のため、自己判断で服用することはできないのだ。
海外では避妊法としてピルの服用はポピュラーであり、ドラッグストアで購入することも可能だが、日本では入手は不可能である。
個人輸入代行という方法で海外から取り寄せる場合は自己判断にて購入可能だが、偽薬が出回っている現状があるし、本モノの場合でも正しい方法で服用しないと避妊効果は激減してしまうのである。

 

 

 

医療機関で低用量ピルをもらうメリット

 

低用量ピルを安全に入手できる方法は、産婦人科、もしくはピル専門外来(ピルクリニック)で処方を受けるものだ。
健康保険の適用外の自費診療となるので、費用は全額自己負担である。

 

初回はカウンセリング、検査費用などが10,000円ほどかかり、薬代は2,000円~3,000円程度である。
同じく保険の適用外となるED治療薬と比較すると格段に安いものだ。
ピルはコンドームと併用して避妊するのが好ましく、多くの医療機関でこの避妊法を勧めているのだ。
ピルの避妊効果は高いが、性感染症を抑える効果はないため、そこはコンドームに頼る必要があるのだ。

 

近年のピルは副作用が弱くなっているが、服用できない方もいるのである。
35歳以上で1 日15本以上の喫煙者、高血圧糖尿病脂質異常症の方なども服用できないのである。
服用できるケースもあるが、医師の診断の結果、許可が出された場合だけである。
他の薬との飲み合わせの問題もあるので、自己判断で入手して飲むのは危険だ。
もし病院以外で入手服用して重大な問題が発生しても、完全なる自己責任である。
今はピル専門外来も増えてきており、産婦人科よりも気軽に処方を受けられるので、必ず医療機関でもらうようにするべきだ。

 

 

 

アフターピルは緊急避妊薬

 

「アフターピルと低用量ピルの違い?」と聞かれて即答できない女性は多いものだ。
アフターピルは緊急避妊薬であり、避妊をせずに性行為をした場合や、避妊はしたが失敗の可能性が高いと判断できる場合などに緊急的に用いるものである。
中絶薬と混同される方もいるが、着床完了後に服用しても効果がないため、中絶薬よりも初期の段階で服用するべきものである。

 

避妊の成功率はヤッペ法が80%程度、LNG法が95%程度である。
性行為後、早く服用するほど避妊率が高まるため、急いで診断処方を受けて服用すれば、さらに避妊率を高めることができるのだ。
服用するタイミングはヤッペ法が72時間以内、LNG法が120時間以内となるが、理想的なのは12時間以内に服用することである。

 

そのためには、アフターピルを処方してくれる医療機関を知っておく必要があるのだ。
処方実績が豊富な病院ほど、避妊に関する知識理解が深いものだ。
医師の中には、避妊に対して批判的に考えている方もいるのが現状である。
ピル専門外来であれば、受診から処方までが早いので、避妊率をより高めることが可能である。
アフターピルの処方が必須な状況では、診断料や薬代などは考慮せず、スピード処方してくれる病院を選ぶのが得策だ。
避妊ピル