アフターピルノルレボ処方

コンドームが破れた等の避妊失敗の場合や、希望していない性交渉を持ってしまった時の緊急避妊薬のアフターピルの処方を問診後にお渡ししています。方式は日本では比較的新しいノルレボ法と、昔ながらのヤツペ法というプラノバール錠を飲むやり方があります。
ただ妊娠を防ぐ機能だけではなくて、通常、低用量ピルを服用すれば、生理が来る前の落ち着かない感じや毎度の生理時の辛さを低減したり肌荒れが良くなったりと、世間一般の女性の助かるサポーターになってくれます。
通常の場合、中用量ピルのいくつかを一緒に使い、低用量ピルが終わった翌日より、今度は中用量ピルを計画している生理開始日までせっせと摂取すれば、生理を遅らせることが実現できるのです。
病院に行って、中用量のアフターピルの処方を貰ってくることが一般的です。いま我が国では、黄体・卵胞ホルモンの両方を含むプラノバール錠と緊急避妊用のノルレボ錠の2種類のアフターピルが広まっています。
つわりなどの妊娠初期みたいな諸症状に見舞われるのは、なんぼなんでも次の生理開始の予定日以降というのが平均的です。緊急避妊薬のアフターピルの摂取後に近い症状が表れたら、その場合は薬の副作用と見てよいでしょう。
一般的な低用量ピルとアフターピルといった経口避妊薬。これまでの期間ピルみたいな薬剤を常用したことのない女子には、違いは全然認識できないレベルでしょう。
大人になってからPMSや生理痛が重くなり、毎度毎度憂鬱でしたが、一般的な低用量ピルを服薬するようにしてから、かなり軽減されました。オンラインショッピングを使って売ってもらうこともできます。
薬を摂取する時間は、前後数時間程度であれば幾分違っても構わないですが、原則として一緒の時間に毎日低用量ピルを摂取するのを、ピル飲み忘れ術としても意識してください。
ほとんどの場合有効な避妊策という狙いで処方してもらうことの多い一般的な低用量ピルなんですが、ホルモン成分を補完することになるので、更年期などの症状を和らげるといった効き目も享受できるのです。
海外で多く取り入れられているアフターピルには、ざっくりと分類して、黄体ホルモンのみを配合したノルレボ系等の1回に2錠飲まなければならないものと、5日以内に服用すればよいエラワンのような1錠ずつ飲むタイプの2つの種類があると言われています。
通常の場合アフターピルの処方については自費ということになるため、お医者さんによって料金がかなり異なります。その解消のために、こちらでは安価に購入できる通販ショップをご紹介しています。
本邦で使われる事の多い経口避妊薬であるアフターピルは、2種類だということです。万全という程ではありませんが、医師の処方を守ってきちんと飲めばそれだけの服用効果が期待できます。
日々飲み続ける低用量ピルとの違いは、モーニングアフターピル等は、ホルモン量の多い中用量ピルを利用して、ホルモンの状態を瞬間的に変えることで、効果を及ぼす所です。
通常の風邪薬・頭痛薬・胃薬などとは違って、副作用が少ない低用量ピルはドラッグストアなどで入手することができません。クリニックへ通院して、きちんとした検査などを受けてから処方箋をもらう仕組みになっています。
何個かにカテゴライズされている種類の内、よく使われる低用量ピルに配合されている黄体ホルモンのクラスというのが存在します。通常の低用量ピルの色分けとしては、一番大きなものなのです。

 

アフターピルノルレボ処方
避妊ピル