アフターピル銀座

産婦人科クリニックなどで、いわゆる「アフターピル」の処方を貰ってくることが一般的です。最近わたしたちの国では、黄体・卵胞ホルモンの両方を含むプラノバール錠と黄体ホルモンのみを含むノルレボ錠の2種類のアフターピルが処方されることが多いです。
さまざまな種類の低用量ピル・アフターピルなどを、インターネット通販でミニマムな量で手に入れて、ぴったりのピルを発見するのが一押しのやり方です。体の具合がおかしいと思ったら、速攻でお医者さんに診てもらいましょう。
メーカー等が違っても、本質的な服用効果に差は見られませんが、段階型の低用量ピルは、間違った順に飲んでしまうと効き目が悪くなったり、困った副作用に見舞われる場合もありますので、理解しておくことが必要だと言えます。
世界の各地で服用されている、いわゆる「アフターピル」には、大雑把に分類して、日本でも認可されたアフターピルの「ノルレボ」などの1度に2錠飲むものと、よく用いられるアイピル、やや高額なエラワン等の1錠しか飲まなくてよいタイプの2つの種類が取り揃えらえています。
生殖器官である卵巣から、種類の異なる女性ホルモンが生み出されていて、排卵させたり生理をもたらしたりしているのです。生理症状の緩和などにも使われている低用量ピルとは、前述の2通りの女性ホルモンが配合された薬品なのです。
処方箋なしでいわゆるアフターピル等をゲットできて、料金も安価なので好都合です。自分で海外輸入するなんて今一理解できなかったけど、日常的にネットショップや通販で買い求めるのとさほど違わないものでした。
その後1日以内にアフターピルを摂取することで、98.6%といった高い避妊率が上げられるという報告が上げられています。更に3日以内であっても、8割近い成功率です。この割合は、多くの種類のアフターピルの場合で、概ね同様なのです。
早い時期に飲んでおけば、いわゆるアフターピルの目覚ましい服用効果が期待できるのです。うっかり避妊するのを忘れたという時間から12時間以内に服用すれば、0.5%という低い妊娠率となり、概ね妊娠の恐れはありません。
よくある家庭薬みたいに、「アフターピル」と呼ばれる中用量ピルにも多種多様な種類の製品が出ています。誤解を避けるためにも、自分自身で正しい方法を知ることが大切なのです。
2日経過しても2錠目の低用量ピルを全く飲み忘れていた際には、妊娠を阻害できる確定はできないことになります。とりあえずピルの摂取を取りやめましょう。生理の諸症状がそれなりの時期に到来したら、妊娠には至らなかったという事になります。
健康保険で買える月経痛治療薬として、複数の安全な低用量ピルが流通していますので、生理時の痛さで不快な症状を抱えている人は、我慢していないで、とりあえず産婦人科の診察を受けてみましょう。
つわりらしき状態を覚えるのは、早い方であっても次の生理開始の予定日以降というのが普通です。2段階目のアフターピルの服薬後に類似した症状があったら、その場合は薬の副作用と思います。
それぞれの産婦人科により処方をしない訳としては、ニーズがないとか公立病院なので扱いがない、というのがよく聞かれます。手始めに、低用量ピルの処方をしてくれる医院を探さなければなりません。
子どもの頃からひどい生理痛で、毎度毎度大変不快でしたけれども、いわゆる「低用量ピル」を服薬するようにしてから、大変改善されました。通販で入手することもできて便利です。
2回目の飲み忘れをしてしまうと、避妊対策としての効能を望むことは不可能に近くなってしまいますが、このようなアフターピルは妊娠の可能性のある性行為の後で摂取するタイプのピルであって、普段から飲んでおけばよいという事ではないことは心に留めておきましょう。

 

アフターピル銀座
避妊ピル