海老名市アフターピル

2日後になっても2回目の低用量ピルをつい飲み忘れてしまった場合には、妊娠防止の確証はありません。とりあえずピルの摂取をやめましょう。次の生理がしかるべき時にあれば、受胎していなかったという事です。
緊急避妊薬であるアフターピルは、病院で診察を受けたら処方を下してもらうことができるとはいえ、飲用するタイミングを守らなかった場合には、目覚ましい服用効果が少なからず失われてしまうケースもあります。
我が国ではあまり普及していない薬剤なので、最近でも低用量ピルはどこのクリニックでも処方がなされるわけではないのです。具体例で言ったら、助産院のような所では処方を扱っていない所もあるのです。
うっかり妊娠したかもといった確率の高い時に、緊急事態のための対策として役立つのがアフターピルなのです。こちらでは、こうしたアフターピルとはどのようなものなのか、有効性や使い方、処方などについてご紹介しています。
広く流通しているビタミン剤や鎮痛剤のように、いわゆる低用量ピルは街の薬局などで自由に買うことは不可能です。内科や産婦人科などを訪れて、通常の問診などを受けた上で処方を書いてもらう事になっています。
原則として、国内においてピルを手に入れたいなら、お医者さんの診察を受けてから処方を書いてもらう事になります。ところがインターネット等を使った個人輸入なら、海外製の優秀なアフターピルをふつうの通販みたいな感覚でゲットすることが不可能ではありません。
2段階服用のアフターピルにおいて、とにかく恐れることは、2段階目の薬の服用を忘れてしまうことです。このような薬の副作用は強いので長時間寝てしまい、2番目の薬を飲み忘れてさあ困った!といった質問が大変多くなってきています。
ざっくりと区分けすると、よく使われている低用量ピルは一相性と三相性の種類の2通りです。それぞれのホルモン量の配分により区分されます。得られる服用効果はほとんど同じです。
食後の薬の飲み忘れなんかは、よくある大したことのないミスでしょう。この他の薬のちょっとした飲み忘れにつきましては、干渉する気はありませんが、ホルモン剤のアフターピルの飲み忘れにつきましては絶対に気を付けてください。
もしもピルの飲み忘れがあったら、直ちに定量の低用量ピルを服用してください。続いて決まった時間になったらまた摂取します。1日に2回分摂取する訳ですが、不都合はありませんのでご安心ください。
妊娠しないようにすることを狙った薬剤である低用量ピルは、妊娠に影響する卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった2つの違う種類の雌性ホルモンが配合されています。今までより、酷い副作用なども少なくなり使いやすくなってきています。
その後1日以内にアフターピルを摂っておけば、98.6%の確率で避妊に成功するという発表があります。更に3日以内であっても、8割近い成功率です。この割合は、異なる種類のアフターピルだろうと、概ね差異が見られません。
よく知られている低用量ピルとアフターピルといった経口避妊薬。現在まで経口避妊薬を経験していない女子には、違いはあまり気付かないことでしょう。
現代の低用量ピルの類においては、太りやすくなるという事は滅多に起こりません。薬の副作用が発生したというよりは、服薬のために食欲旺盛になったという女性が時折見うけられます。
専門医に電話してみるのは当たり前ですが、2錠目のアフターピルを飲み忘れてしまった際には、なるべく冷静になって、差し当たって2錠目のピルを服用してリラックスするようにしましょう。

 

海老名市アフターピル
避妊ピル