低用量ピル種類

低用量ピル種類
毎日1錠一般的な低用量ピルを摂るだけです。特に時間を決めなくても、その服用効果に差は生じません。しかしながら、一定の時間に飲むようにした方が、飲んでなかったなんて失敗の防止策となります。
殊に、初めてアフターピルを飲んで胸のあたりが痛んだり、猛烈な頭痛が出た方は、危険な副作用の可能性が高いため、即座に医療機関に行くようにするのが最善策です。
種類が異なっても、本質的な服用効果に差は見られませんが、段階型である低用量ピルは、薬の飲む順序を間違えたりすると妊娠予防の効果が出なかったり、ひどい時には嘔吐や頭痛、不正な出血作用などが到来することもあるため、留意しておくことが大切です。
中でも低用量ピル、中用量ピル、アフターピル等の飲み薬は、常用者も増えており、多くの情報が飛び交っていますが、正確な使用法や容量などを理解をした上で、利口に通販を利用するようにするのが鉄則です。
妊娠成立の場合に、緊急事態のためのやり方として使われるものにアフターピルがあります。こちらのWEBサイトでは、さほど知られていないアフターピルについて、効き目や処方の貰い方その他についてご紹介しています。
今回が初めて低用量ピルのような経口避妊薬を飲んでみようとする人に対して、入門的な普及している低用量ピルの効き目や種類などの知見を掲載してあります。インターネット通販によって買い付けを行う時のガイドブックとなれば光栄です。
早い時期に飲んでおけば、いわゆるアフターピルの際立った服用効果が齎されます。うっかり避妊するのを忘れたという時間から12時間以内に摂取すれば、妊娠に至る可能性は激減し、まず妊娠には至りません。
WEBサイトに「緊急避妊薬のアフターピルの処方を出しています。」と掲載している産婦人科などを選ぶのが初心者には良いでしょうね。そういうタイプの病院なら、良きにつけ悪しきにつけ感情を挟まないので、プレッシャーがないと思うのでお薦めです。
日毎に飲まなければ効かない低用量ピルとは全然違い、緊急避妊薬のアフターピルは何と言いましてもリスキーな行動があった時だけ、可能な限り早急に体内に入れることが必要なのです。
産婦人科クリニックなどで、いわゆる「アフターピル」の処方を出してもらうことが一般的です。近頃本邦においては、プラノバール錠(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)とノルレボ錠(黄体ホルモンのみ)の2種類のアフターピルがよく使われています。
副作用の少ない低用量ピルとの違いとして、緊急避妊薬でもあるアフターピルは悪心や吐瀉、頭痛がしたりと様々な副作用が生じます。普段からの堅実な人工避妊法でしたら、安全性の高い低用量ピルを使用するのがベストです。
今回の生理の1日目から、副作用の少ない低用量ピルを摂取開始する第一日目タイプと、生理が始まって最初に到来した日曜日から飲んでいく、曜日開始タイプの2種類に分かれています。
妊娠悪阻のような体調不良に見舞われるのは、どんなに早くてもその次の生理が来るはずの日以後というのが常識です。2段階目のアフターピルの服薬後に類似した症状があったら、つわりではなく副作用だと見るべきです。
緊急避妊薬であるアフターピルを通販やネット販売で買う時には、産婦人科による診療や薬の処方といったものは無用です。ですが、使用にあたっての留意点や使い道や限度量などを遵守し、間違いのないように摂るようにして下さい。
多くの場合、中用量ピルを一緒に使い、低用量ピルが飲み終わったあくる日より、今度は中用量ピルを生理を変更したい日になるまで継続して飲み続ければ、生理開始日を移動することも実現できるのです。
避妊ピル