ピル低用量ピル違い

ピル 低用量ピル 違い
産婦人科クリニックなどで、避妊薬であるアフターピルの処方箋を書いてもらうということが可能です。昨今わたしたちの国では、中用量のプラノバール錠と緊急避妊用のノルレボ錠の2種類のアフターピルが流通しています。
恐れていた飲み忘れをした場合には、直ちにその低用量ピルを飲むことです。後は再度その次の決まった時刻にきちんと服用します。1日に2倍量を摂取する事にはなりますが、差し支えありません。
中用量アフターピルにより避妊成功した場合には、時期をおかずに生理がやってきます。飲んだ後、一週間経過したくらいで生理周期に入ることが少なくないのですが、早ければ約3日で出血が見られる人もいます。
大雑把に区分けすると、副作用の少ない低用量ピルというものは一相性と三相性の2種類になります。女性ホルモン(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)の割合の違いによってカテゴライズされています。得られる服用効果はほとんど同じです。
妊娠を妨げる確率が落ちる要因には、定期的な低用量ピルを何度か飲み忘れた事や、下痢を伴う病気や、違う薬との飲みあわせ、作用を減弱するハーブを含むお茶を大量に飲んだことなどが挙げられます。
完全に時間厳守で、仮に想定外の出来事で2回目のアフターピルを意図せず飲み忘れた時も、間違いなく避妊に対する効き目は低減してしまいますが、飲む事はしてください。
医薬品の飲み忘れは、誰でもありがちな大したことのないミスでしょう。この他の医薬品の飲み忘れに関連することは、首を突っ込むことはしませんが、一つ、アフターピルの飲み忘れに関しては厳重に注意してください。
2段階目の飲み忘れをしてしまうと、妊娠予防の作用を望むことは厳しくなってしまいますが、中用量のアフターピルは妊娠の可能性のある性行為の後で飲むための薬であり、日常的に飲むものではないのでご留意ください。
世間で売られているビタミン剤や鎮痛剤のように、日本において低用量ピルは処方箋なしにいつでも買えるという訳にはいきません。専門医へ通院して、きちんとした検査などを受けてから処方を受けるのです。
日毎に1錠副作用の少ない低用量ピルを摂るだけです。いろいろな時間になってしまっても、明らかな服用効果に差は生じません。とはいえ、同じタイミングで服用する事によって、飲んでなかったなんて失敗をしないで済みます。
血栓症を患うのは、甚だ由々しい副作用だと思います。そうはいっても、なまじなことでは生じないものです。ふつう低用量ピルを飲んだことによる血栓症の危険度は、それに比較して1/2~1/6当たりという数字が出ています。
多くの国で問題なく摂取されているアフターピルには、ざっくりと分別して、ノルレボ配合薬といった時間をおいて2錠ずつ飲むものと、よく用いられるアイピル、やや高額なエラワン等の1錠しか飲まなくてよいタイプの2つの種類があるようです。
具体的には、忘れないように曜日がピルの携帯容器にプリントされているタイプもあります。そのような工夫をすれば、低用量ピルを飲み忘れてしまった場合でも、たちどころに認識する事ができるので重宝します。
通常、アフターピルを服用したタイミングが卵子の排出後すぐであれば、排出される子宮内膜が少なめなので経血の量が多くなく、既に排卵からしばらく後だと、普通の生理の状態と差がない位の経血量になります。
薬のタイプが違っていても、本質的な服用効果は大同小異ですが、段階型である低用量ピルは、服用順を誤ると避妊できる効力が低くなったり、頭痛や生理以外の出血が生じる場合もあるので、気を付けておく事が必要だと言えます。
避妊ピル