低用量ピルアフターピル

低用量ピル アフターピル
血栓症を発症するというのは、特に深刻な副作用です。さりとて、そうそうは生じないものです。副作用の少ない低用量ピルが持つ血栓症の危険度は、その半数から1/6位と聞きます。
各医院によって処方箋を出していない訳としては、希望する人が少ないとか公立病院で保険外の薬を扱っていない、等がほとんどです。先んじて、低用量ピルの処方を出している医療機関を調べてください。
お医者さんで、女性ホルモン薬のアフターピルの処方を貰ってくることが不可欠です。現状を見るとわたしたちの国では、プラノバール錠が配合されたものとノルレボ錠が配合されたものの2種類のアフターピルが使用されています。
緊急避妊薬でもあるアフターピルは、一般的な低用量ピルより女性ホルモンが多く含まれて、無理やり生理の状態にして避妊するといった特性から、それに比例して頭痛や出血などの副作用が多いとの違いが生じます。
医療機関で処方を受けるなら、そちらで取り扱い可能な低用量ピルの中からのチョイスになる訳ですが、ネットショップや通販を使えば、ご本人が多くの種類の中からの薬を入手することが叶います。
世界の国々で用いられている「アフターピル」というものには、大体のところでカテゴライズして、緊急避妊専用のノルレボ系といった2錠ずつ飲むタイプと、製品名でいうとアイピル、エラワン等の1錠しか飲まなくてよいタイプの2つの種類があると言われています。
2回目の飲み忘れをしてしまうと、避妊予防の働きを望むことは難しいのですが、あくまでもアフターピルは性交渉の後で飲むものであり、日常的に飲むものではないことは心に留めておきましょう。
妊娠してしまったかも、という恐れがあるケースで、まさかの時の手立てとして使われるものにアフターピルがあります。このサイトにおいては、あまり知識のない方のためにアフターピルに関して、有効性やどうやって処方してもらうのかまでまとめてあります。
女性特有の器官である卵巣からは、いくつかの種類の女性ホルモンが生成されており、排卵現象をもたらしたり生理現象を促したりします。一般的な低用量ピルは、このような種類の異なる女性ホルモンを含有する医薬品です。
中用量、高用量のアフターピルで使われる薬剤は、卵子の排出と授精済み卵子の子宮内膜との結合の二つの作用をブロックする効能があるので、たとえ授精してしまった場合でも必ず服用効果が得られます。
デイリーに摂取することが必要な低用量ピルとは全然違い、もっと強い薬であるアフターピルは前提として避妊にミスを犯してしまった折のみに、できるだけ早い内に飲んでおく事が提言されています。
医薬品の飲み忘れは、誰でもありがちなちょっとした失敗の一つです。その他の服用薬の飲み忘れに関しましては、差し出口はしませんが、避妊薬であるアフターピルの飲み忘れというものだけは万全の注意を払っておいてください。
大まかに区分すると、最もメジャーな低用量ピルは一相性と三相性の2種類になります。各ホルモンの含まれる量に則して分けられているのです。もたされる服用効果はだいたい同様です。
処方してくれた医師に問い合わせするのは良いことですが、アフターピルについては、2回目を飲み忘れた場合には、パニックにならないよう、まずは2段階目のピルを体内に入れて体を休ませましょう。
普通の家庭薬みたいに、実のところアフターピルにも多彩な種類が出ています。勘違いをしないで済むよう、使う人こそが正確に把握するようにしなければならないのです。
避妊ピル