低用量ピル飲み始めるタイミング

低用量ピル 飲み始めるタイミング
コンドームが破れた等の避妊失敗の翌日や、意思に反した性的行為の後での避妊対策としてのアフターピルの処方を下します。やり方には近年始まったノルレボ法と、1970年代から使われてきたヤツペ法というプラノバール錠を飲むやり方があります。
ドクターなら、なにも産婦人科に限らなくても低用量ピル関係については処方することが可能です。とはいえ実際のところ、産婦人科以外のお医者さんで避妊用の低用量ピルを処方するというお医者さんは、現状ではおりません。
失敗のない妊娠防止効果を獲得できるのは、このような低用量ピルを摂取しだしてから8日目が過ぎてからです。忘れずに飲んでいれば、2シート目からはスタート日からはっきりとした服用効果がもたらされるでしょう。
通常の場合アフターピルの処方に関しては保険外になるため、医療機関の基準で料金がいろいろになっています。その解消のために、こちらでは安価に購入できる通販ショップをご紹介しています。
モーニングアフターピルの服用効果・避妊効果は、十割という訳ではありません。通常、妊娠が成立する確率が、何もしなかった場合に比べて20%位に小さくできるというレベルです。
現れる副作用としては、どちらにしてもむかつき感や頭痛、眩暈などが大半なのですが、ふつう低用量ピルに比較して緊急避妊薬であるアフターピルは、生じる副作用の強さが全然違うレベルです。とは言うものの、人によっても違います。
中用量、高用量であるアフターピルは、一般的な低用量ピルより卵胞ホルモンの効き目が強く、強引に月のものを起こして妊娠になるのを阻害するという特徴がありますから、だからこそ吐き気といった副作用を生じやすいという違いがあるのは事実です。
今どきの産婦人科は、予約を取っている場合が増えていますので、先に電話をかけて診察可能かどうかと、アフターピルの処方の可否などの問い合わせをしておいた方が安心できます。
デイリーに摂取することが必要な低用量ピルとは明らかに違い、いわゆるアフターピルは何と言いましても妊娠の確率の高い行為があった時だけ、可能な限り急いで服用することが提言されています。
ひとえに避妊対策というのみならず、通常、低用量ピルを服用すれば、女性ならではの生理前のPMSや毎度の生理時の辛さを軽くしてくれたり肌荒れが良くなったりと、多くの女性の助かるサポーターになってくれます。
避妊薬のアフターピルを使って避妊成功した場合には、次の生理が来ます。飲んだ後、7日前後で出血があるということが一番多いパターンですが、早ければ3日前後で生理になる事例も報告されています。
排卵してからアフターピルを摂取すると、普段通りの生理周期通りに生理が始まることが少なくありません。アフターピルがもたらした生理と本来の生理が、同時に生じていることになります。
これまでとは違って、広く使われている低用量ピルは女性ホルモンの量も低減され、最近では高い避妊効果というだけではなく、月経困難症などの女性独特の体の不調や、にきび、肌荒れの治療としても処方箋が出されているのです。
私達の国でよく使用されるアフターピルはというと、2種類存在しています。パーフェクトではないとは言え、処方された通りに従って忘れずに飲むことで、高確率の服用効果を発揮してくれます。
ドクターに相談することは良いことですが、二度目のアフターピルをうっかり飲み忘れたら、パニックにならないよう、差し当たって2回目を体内に入れて休みましょう。
避妊ピル